院長ブログBLOG

赤ちゃんの鼻詰まり

赤ちゃんは、基本的に鼻で呼吸するので、鼻が詰まるとかわいそうです。おっぱいを飲む時、フガフガして苦しそうですし、安眠できなかったり、不機嫌で泣いてばかりいたりしますね。 ママも大変です。 なんとかしてあげたくても、飲み薬ですごく有効な物は無くて、軽くなる位ですが、モチロン飲まないよりはずっと良いと思います。 特に夜になるとよけいに詰まりが悪化するので、夜泣きしたりもあり、ママも泣きたくなってしまいますね。  こういう時に対処する良い方法を参考までにお知らせします。100%とは行きませんが、かなり楽になると思います。

1. 鼻水を吸い取る。  鼻水が一杯で詰まっているのではありませんが、かなり有効だと言われています。 市販の器具もありますよ。 それほど高価では無いと思います。 強く吸う必要はありませんので、優しく吸ってあげれば結構です。

2. 鼻を温める。  これは結構有効だと言われています。温かいお湯で、小さなガーゼのタオルやハンカチを絞って、鼻の上に当て、鼻を温めてみて下さい。 同じような理由でお風呂に入るのも良いという意見もありますが、何回も入れませんし、風邪をひいている状況でしたら場合によりけりですね。

3. 鼻の孔の入り口に揮発性のスースーするものを少量塗る。 これは、ヴェ0ラッ0とか、メ0ソレなんかですが、たくさん塗るのは厳禁です。 ごく微量ですが、ある程度通じます。

まあ、こんなところでしょうか? 後、鼻の入り口に鼻水がガチガチに固まって、蓋になっているような場合は、そっと取って下さいね。 蓋をされては、呼吸はできませんものね。

点鼻薬もありますが、小さな赤ちゃんではちょっと無理ですね。 薬は、年齢によっても制限がありますので、なかなか理想通りに行かないのが実情です。 赤ちゃんは、口で息ができない事、鼻の孔も小さく、つまり安い事、全体に弱い事等を判ってあげて、優しく吸ってあげるとか、温めてあげるとかして下さいね。

  1. 度々済みませんが、、、

  2. 似ているから困る。

  3. 肥満で悪化? 

  4. ワクチン、どうして良いか判りません。

  5. 楽天の PCR

  6. これが大変でしたね。

  7. 小児科が消える? 

  8. もうありません。

  9. 小児科の患者さんが減った理由

  10. これを控えていますか?

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る