院長ブログBLOG

中学生の女子へ

中学生の女子を持つ親御さん、お子さんに、ぜひ子宮頸がんのワクチンを打って下さい。子宮癌は、乳癌についで女性の癌では2番目に多い物です。特に若い女性、20代、30代に多いので可哀そうですね。子宮を全て取ると妊娠できなくなりますし、後遺症で、排尿困難なども起こ事もありますので、生活が不便になってしまいますね。でも、癌になったら生活に不便等という生易しい物ではありません。20代、30代の花の盛りに癌になっては、あまりにも可哀そうではないでしょうか。一時、副作用の面が強調されて、ワクチンの推奨はやめられましたが、再開される事になりました。 このワクチンで絶対癌にならない訳ではありませんが、有効率は高いです。

  1. 電話が凄い

  2. 酷い事件ですね。

  3. 日曜日の午前1時? 

  4. 凄い感染者です。

  5. お子さんに接種しますか?

  6. 長くウィルスが出る? 

  7. 感染力が強いですね。

  8. 症状から区別は無理ですね。

  9. 早くお願いしますね。

  10. これって大丈夫?

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る