院長ブログBLOG

未だあるんです

これは、私の10年分の梅干しの一部です。先日の写真とは別で、甕も買って、かなり気合が入っています。 でもこれを見ると2018年にかなり漬けている事が判り、その折に10年生きているか判らないと思ったけど、もう4年経ちました。これでは生きているかも知れませんね。さて、私の内科の同級生は、日本食は塩分が多いと言いますが、日本人の食事は、お米を美味しく食べるという事が重要なテーマかと思います。その目的の為に塩分が多くなるのではないでしょうか。 昔は、お米なんて食べられない時代もあったのですから、お米が食べられれば上等、梅干しは最強のご飯のお供です。 でも食べすぎはダメですね。そういう訳で息子の処に「梅干し要らない?」と聞いたのですが、「未だ前のが有る」といわれてしまいました。今時の物とは違い塩分が多いからでしょうか。 でもね、パソコンで調べたら、素人は塩分が少ないと黴てしまうので、8%ー14%まであるうちで、8%は勧めない、と書いてありましたよ。私の梅干しは14%、10%と試してあるのですが、どれがどれだか判らなくなっちゃった。 

  1. やはり全然ダメでした。

  2. 沢山来ましたが、、、

  3. 子供と若者

  4. 未だ少し有ります。

  5. インフル並みになる?

  6. 人間が必要ですが、、、

  7. もう無い!

  8. 自己責任か?

  9. 来たけど、、、

  10. お子さんが検査する場合

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る