院長ブログBLOG

なんでこうなるの

細い綿棒が無くて困っていたら、問屋が「9月まで入荷、ありません」と言いました。困って、アチコチ電話したら、「明日持って行きます」という処がありましたので喜んでいたら 又電話があって「出荷調整が掛かっているので持って行きません」と言って来ました。 そもそも折角入手したキットについている面棒は太く、子供の鼻の孔には入らないんです。それでは検査できませんね。 大人でも嬉しくない太さです。困っていたら私の処の賢いスタッフが、ハナから怪しいと思っていたらしく、ちゃんと他の処で注文してくれていました。 しかしですよ、これが2倍以上の値段で、綿棒だけで3万円以上したので、又、怒ってしまいました。酷いですね。ちゃんとキットについているべき物なんですよ。只のはずが、3万円以上するのはムッとする! 小児科ってお金には縁が無い科なんですよ。人手もかかるし、病院でもお荷物の科なんです。お金の事をあまり言いたくないけど、どう考えてもこれは理不尽です。何とかのマスクと同じですね。数だけ合わせて出荷すれば良いだろうってえの?

  1. ちょっと嬉しくないですが

  2. 尊敬する忽那先生

  3. 今日から、、、

  4. 10月1日から、、、

  5. 又なくなって来た

  6. どうなりますか

  7. 最高です

  8. 値上げラッシュ

  9. 連休

  10. 連休でお休みします

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る