院長ブログBLOG

お産が保険で、、、

お産って病気ではないので保険は使えないのですが、使えるようになるかも知れません。 産科医ってドンドン少なくなっていて、人気が無いんです。何時お産があるか判らないので出かけられない、お産が減って収入も減る、お産は病気ではないので無事で当然、何かあったら訴えられる、と人気が無い理由は多いのですが、保険が使えるようになれば改善されるのでしょうかね。 少なくとも多少ましにはなるのでしょうか。 お産が減るという事は、子供が減るので小児科医は要りません。 いろんなアンケートで、今後要らなくなる科のトップは小児科です。なんだか寂しいですね。私は長くやって来たのでもう良いのですが、今大学の医局にいる先生方はどうするのでしょうかね。心配です。医師は余ると言われていますので、医師ももう要らないかも知れませんね。 

  1. 文章です

  2. マタマタ長い写真で小さくできないワ

  3. 溺れないで

  4. 仕事着

  5. 働く母親

  6. 手足口病

  7. 手足口病

  8. ヒポクラティス

  9. 小児科の危機

  10. 溶連菌

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る