院長ブログBLOG

落とし物

落とし物の現金、なんと1年間で220億円もあるそうで本当にビックリですね。 そして157億円が持ち主に返ったちいうのが凄いと思いませんか。日本人は、こういう場合、ちゃんと届けるのが美徳と思ってる人が多いのですが、外人は違うようですよ。まず、返ってきませんね。 まず、と言うより100%返ってこないと思ったほうが良さそうです。 私の経験、お金を拾ったのは2回です。 まず、ある処でトイレに行ったら、目の前にお財布がポンと置いてありました。 むき出しで、長財布でしたからかなり入っていたと思います。ビックリしましたが、中は見ないでビルの警備室に届けて帰ったら持ち主から電話がありました。あと1回は外国で、前を歩いていた若い女性のお尻のポケットからボロッとお札が落ちました。こういう時には英語は出ませんね。 「待ってー、待ってー」と叫んでドタドタ走り、怪訝な顔した若い女性にやっと英語で 「このお金、アンタが落としたのよー」と言ってお金を渡した時の嬉しそうな顔、一生忘れないと思います。お礼を言われたので 「日本に友好的でいてね」と言いたかったんですが語学力不足で言えなかったわね。まあ、落としたお金が返って来るのは日本だけだと思った方が良いですよ。 

  1. 文章です

  2. マタマタ長い写真で小さくできないワ

  3. 溺れないで

  4. 仕事着

  5. 働く母親

  6. 手足口病

  7. 手足口病

  8. ヒポクラティス

  9. 小児科の危機

  10. 溶連菌

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る