院長ブログBLOG

先週の病気

変な話題ばかりではいけませんので、少し小児科的な事を書きますね。 先週、 4月13日ー19日までの子供の病気は 1. 感染性胃腸炎 2. A 群溶連菌感染症 3. インフルエンザ  でした。

相変わらずインフルエンザが3位なんですが、当方では殆どいません。たまに学校にインフルエンザの患者さんがいて、その子から移ったんでは無いか? と言ってみえる程度です。 何処で流行っているんでしょうね。 それでも 第3位  と言うのはどこかにかなりいるって事ですが少なくとも多摩区では多く無いと思われます。 溶連菌は相変わらず多いですね。 発熱したばかりだと、喉の見た目があまり特徴的でないので捕まえられない事もありますが、2-3日で正体を現すので大丈夫ですよ。アッ、大丈夫では無いです。 むしろ危険というべきでした。一目で、怪しい と判ります。 なんと言っても 凄く喉が痛い というのが特徴でしょうか? こちらは多摩区で多いので要注意です。

  1. お父さん役割

  2. これが大事

  3. 子供の目を守る

  4. 人生は梅干しだって

  5. これが厚労省の ページです。

  6. ビックリです。

  7. デマに振り回されないで

  8. ワクチンの反応

  9. 12歳以上になりましたね。

  10. 痛そうですね。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る