院長ブログBLOG

熱中症の続き

さーて熱中症には、段階があります。 どの病気も同じなんですが、軽いから重いまでいろいろなんですね。どんな病気も軽い内に治すのが良いですね。

Ⅰ度   軽傷    汗を沢山かき塩分を失った為に、めまい、筋肉痛 ケイレン (いわゆる足がつる )等の症状が出ます。  数秒間の失神等もありますが、体温は正常。  涼しい所に運び、霧吹きで体表 (服の上からでも)に霧を吹いてウチワであおいで冷ます。 まるで、お寿司のご飯ですねー。 これからは、暑い日の運動には霧吹きを持って行きましょう。そして、冷たいイオン飲料を飲ませて下さいね。

Ⅱ度  中等症   水分、塩分が失われた為、頭痛、嘔吐、 倦怠感、虚脱感、集中力や判断力の低下等を認めるが体温は40度以下の物。 これは、もう病院にいかなければなりません。 Ⅰ度 と同じ事をしながら病院へ運びます。

Ⅲ度  重症   体温は40度以上になってしまい、意識がおかしくなりケイレンする事もあります。 肝機能、腎機能、 血液凝固障害等が起こり早く病院へ運ばなければなりません。 その間も、霧吹きとウチワであおぐのは忘れないで、冷房のある所に運んでも、救急車がくるまでやって下さい。

さあ、従来の分類だと、このⅢ度が熱中症と言われていたので、熱中症 = 重症  だったんですよ。だから、 「昨日、暑い中で運動したら、今日、熱が出たので熱中症でしょうか?」  なんて呑気な事は言っていられなかったんです。 そもそも、熱中症というのは、運動したり暑い中にいたりして、その時に起こる物ですから、翌日に云々という話ではありません。 ( Ⅰ度は熱ケイレン とか熱失神、Ⅱ度は熱疲労 と呼ばれていました。)

重症化を予防するのには、最初のサインを見逃さない事、早めに水分と塩分の補給をする事です。

安くて、効果のある処方箋 !

水  1 L   塩 1-2g  砂糖 大さじ 1-2杯   これ冷やせば OK.  良いですね。 私が時々下手なゴルフに行く事は以前ここに書きましたが、そこでは、 ポ00スoット  みたいなの、一本 250円でした。 なんでも高いのねー。 イオン飲料が売り出された頃、みんなが、水0売だとか、水に耳かき一杯の塩と砂糖を少々いれれば良い、って言ってましたが、これを作って持っていけば安上がりですね。

  1. 子供の気持ち

  2. 度々済みませんが、、、

  3. 似ているから困る。

  4. 肥満で悪化? 

  5. ワクチン、どうして良いか判りません。

  6. 楽天の PCR

  7. これが大変でしたね。

  8. 小児科が消える? 

  9. もうありません。

  10. 小児科の患者さんが減った理由

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る