院長ブログBLOG

手足口病

いつもより早く、手足口病が出ています。 あまり重い病気では無いのですが、保育園等で感染が広がるので、警戒されていますね。 これは主に小さい子、5歳未満の子が罹ります。 手の平、足の裏に小さな米粒大の水泡を伴った発疹が出ます。 稀に歩く時、足の裏の発疹が痛いと言う子がいますがたいした事はありません。 問題は、口の中の口内炎が痛い為、飲んだり食べたり出来なくなるというケースですが、そんなに長い間ではありませんので、脱水が進行するという程ではありません。

プリン、ゼリー、ヨーグルト、お素麺、 アイス、薄味のスープ等で凌いで下さい。痛いと言っても数日ですから、大丈夫ですよ。  口内炎が口の奥、咽頭という場所にできると、を薬を塗ろうとすると、嘔吐の反射が起きてしまうので無理です。 それより、上記の食べ物や飲み物で凌いでいる方が現実的な対処ですね。

この病気の特効薬はありませんので、普通の支持療法で良いのですが、ごく稀に熱が出て脳炎や髄膜炎を併発するケースがありますので、全身の元気さ、には気を付けていて下さいね。笑って遊んでいれば問題はありません。 これは他の病気の時にもいえる事なんですが、アンヨをブラブラさせている場合も重症ではありません。 重くなるとこういう事は一切しなくなりますね。 笑わない、遊ばない、アンヨをブラブラさせない、こういう時は要注意です。気を付けて見ていると判りますよ。

  1. 有効な運動

  2. 高齢者の次は?

  3. 心配の種は尽きません。

  4. ちょっと待って下さいね。

  5. これ、貸してもらいました。

  6. 若い人に多いそうですが、

  7. 見られちゃった!

  8. 子供も働いて、、、

  9. みんな疲れ気味です。

  10. 医療費の無駄

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る