院長ブログBLOG

先週の病気

川崎市の子供の間で流行っている病気は、

1.感染性胃腸

2.A 群溶連菌

3. 手足口病  でした。

感染性胃腸炎は凄い威力ですね。ずっと一位です。以前は、冬に流行るウィルスと思われていましたが、、今は殆ど一年中、第一位になっている事が多いです。 インフルエンザが流行った時に、短期間第一位を譲る位ですね。 これが流行ると、吐いて、下痢して、熱が出てと言う症状の為、かなり消耗します。特にお子さんは、かわいそうです。 大の大人でもげっそりする程やられる人もいますが、全ての方に、同じ症状が同じ程度に現れる訳ではありません。バラエティに富んでいますので、ケース バイ ケース でもあります。

中には、食中毒ですか? と聞く方もいますが、食中毒はもっともっと重い事が多いですね。 感染性胃腸炎は、ウィルス感染、食中毒は菌に汚染されている物を食べてなるものです。 でも、今はどこのお宅のも冷蔵庫はありますし、スーパーも完備していて古い食物は売られていませんので、食中毒は珍しくなりました。

私が子供の頃には未だ時々発生して、酷い目にあった家族もいましたね。 今では、 TV のニュースで出る位ですから、それだけ稀という事です。こういう事は稀な方が良いですけど、一応、生の物を食べる時には、鮮度に注意して下さいね。

  1. 肥満で悪化? 

  2. ワクチン、どうして良いか判りません。

  3. 楽天の PCR

  4. これが大変でしたね。

  5. 小児科が消える? 

  6. もうありません。

  7. 小児科の患者さんが減った理由

  8. これを控えていますか?

  9. あああ、小児科って、、、

  10. 小児科ピンチ

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る