院長ブログBLOG

先生にあげるー。

パソコンが具合悪くなってしまって困っていました。電話したら、若い ”ヨンサマ” (ちょっと古い?) みたいなお兄さんが来てくれましたが、上手くいかなくて、持って行ってなおしてくれました。しかし、15000円も取られました。案外高いんだねー。でもどうしようもありませんね。

さーて、先日驚いた事

若いママが初めての赤ちゃんで大奮闘、その方は、小さい時から知っているので、こちらも慣れているんですが、 「赤ちゃんって大変。 もうヤダー」  と言うので、そんな事言わないで、これからもずっと大事に育てるのよ、と言ったら、 「先生にあげるー」 ですって。 私の返事は 「そんな事言うとバチがあたるよ」 でしたが、どうも言う事が古いですね。 こういう場合、とっさに、昔、周りの大人が言っていた言葉が出てしまいますね。モチロン、このママの言葉は本心では無く、育児が思いの他大変だったので、夢に描いていた生活と少々異なり、バテ気味という意味を含んでの事でしょう。

でも、みんな大変なんですよ。 大変と思っていない人は一人もいないのではないでしょうか? 只、人それぞれなので、何をどの程度大変と思うかは異なると思いますが、赤ちゃんを育てるのは、大変な事です。みんなそうして、大事に育てて貰って今日が有る事を判って貰いたいと思います。

私の親友には子供がいません。先日、小さな子供の来客があったらしく、とても驚いて、「貴女、子供ってもんは、凄く危ないもんなんだねー」 なんて言うので、笑ってしまいましたけど、子供には何が危なんて判っていませんし、動きまわるし、片時も目が離せませんし、大変なものなんです。 彼女にその事を話し、大体、美容院に行かれないヨ、と言ったら驚いたみたいでした。どんなに大変でもなんでも、大事に愛情を持って育てるんですものね。親の有難味も判るし、人間としても成長するのではないでしょうか?モチロン、子供を育てた事が無い人も人間として成長するので、育児が成長に必須の条件ではありませんけど、育ててみるとそれなりに成果はあるんじゃないかと思ってますがどうですか。

  1. 小児科が消える? 

  2. もうありません。

  3. 小児科の患者さんが減った理由

  4. これを控えていますか?

  5. あああ、小児科って、、、

  6. 小児科ピンチ

  7. 未だありました。

  8. 後少し

  9. 味噌だれ

  10. 脳カツ

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る