院長ブログBLOG

手足口病増加

やはり ”たいしたもん” で統計は正しいです。しっかり手足口病が増えてきました。 少々、重症化しているお子さんもいますね。熱が出る方は殆どいなかったのですが、少しだけ増えて来ました。 しかし今の所、脳炎を併発するなんていう重症の方はいません。 最もそんな重いお子さんがかなりのパーセンテイジ出ては、世の中が大変な事になりますが。

基本的には軽い病気なんですが、口の中が痛くて食べられないのが困る所です。 ほんの数日ですから、そのために点滴が必要なんて事は滅多にありませんし、保育園や幼稚園を休まないといけない、と決まっている病気ではありませんが、厚労省からの通達では、口の中が痛くて食べられ無い場合は、症状が軽くなるまで休むのが望ましいとなっています。私立の場合は、各保育園の方針というのも関係しますので多少の違いはあるかもしれません。後、足の発疹が、歩くと圧迫されて痛みを伴う事がありますが、これもたいした事ではありませんから、騒ぐ事はないですよ。 運悪く重くなってしまったお子さんだけ、要注意という病気です。

そう言えば、今年はデング熱の話題が出ませんね。 助かります。 日本脳炎は、ワクチンを再開してから数人程度の発症ですが、特効薬がありませんので、予防するのが第一だと思います。

  1. 医師の働き方

  2. この話題が多いですね

  3. 話が出来ない

  4. ワクチンが無い!

  5. 桜が咲いた

  6. 燕が来た

  7. 黄砂

  8. とても混んでいました

  9. 虐めが増えた

  10. 影響が、、、

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る