院長ブログBLOG

夏休み、終わりです。

1年に1度の夏休みが終わり、明日から又仕事です。 お盆のお休みでも1週間は取れない方も多い事でしょう。先日、 NHKの朝の ワールドニュース を見ていたらニューヨークのアメリカ人も夏休みは1週間位で、中には休み無しの人もいる、と言っていました。 1か月とか長く取るのはヨーロッパの人だそうです。私も勤務していた頃は、夏休みが1週間なんてとんでもない、当直ばかり、 同僚の男性は、久しぶりに家に帰った翌朝、出勤する時子供に 「パパ、又来てね」 と言われたと嘆いていました。 又、その頃、何かのコマーシャルで流行っていた歌で、 ”パパはトウチョク、トウチョク”  と歌われたと言ってた人もいました。 実は、私も家族に 「いつも家に居る時は寝てばかりいる」 と言われた事もあります。

私にとっては嬉しい事に、今年、10年ぶりに子供と一緒に夏休みが取れました。 ほんの数日ですが、一緒に居られて食事をしたり、話をしたりできたのでこんなに嬉しい事はありませんでした。お互いに仕事をしていますので、一緒に数日過ごすのは、これが最初で最後かと思いますが、私にとっては、子供の為に食事を作って一緒に食べたり、話をしたりするのは、最高に幸せな事でした。子供は、大学に入って2-3年したら、何を考えたのか、突然、「家を出て一人で暮らしたい」 と言ったので、私も賛成し一人暮らしを始めたので、一緒に過ごすのは、随分と久しぶりなのです。 私は、誰でも一度は一人で暮らし、家族の有難味だの、煩わしさだの、いろいろ考えたり感じたりし、家事の大変さや面倒くささを実感したりした方が良いと考えているんです。 洗濯もご飯も自動的にできてくるのでは無い事を理解した方が良いと思っているので、子供の一人暮らしに賛成したのですが、どういう風に暮しているのやら、心配の種は尽きません。親になったら永遠に心配なものですね。

さて、暑い夏ですが、子供の病気は、相変わらず、 手足口病、 感染性胃腸炎、ヘルパンギーナ という所です。 昨日届いた医学誌に手足口病の論文が載っていましたが、頭が未だ夏休みで、半分しか読んでいませんので又今度にしますね。 これからは、一年中で一番小児科がヒマな時期です。 当分、ガラガラかな? でも、子供の病気が少ないのは良い事ですね。

  1. コロナの抗体

  2. 子供の気持ち

  3. 度々済みませんが、、、

  4. 似ているから困る。

  5. 肥満で悪化? 

  6. ワクチン、どうして良いか判りません。

  7. 楽天の PCR

  8. これが大変でしたね。

  9. 小児科が消える? 

  10. もうありません。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る