院長ブログBLOG

今週の病気

まだまだ、感染せ性胃腸炎、手足口病が多いですが、溶連菌感染症が増えてきました。 溶連菌感染症というと判りにくいのですが、昔、しょう紅熱と言った物です。 子供の間にはいつも少しこの菌はいて、ひっそりと喉や鼻の粘膜に生きています。

それだけでは病気になりません。何かの理由で大量に増えてしまうと病気に発展してしまいます。子供は学校や幼稚園で遊ぶ時、互いに近寄りますので感染するチャンスが増えてしまいますね。そこで、この病気になったら、学校等はお休みするよう決められています。しっかり治るまでお休みしてください。

  1. 度々済みませんが、、、

  2. 似ているから困る。

  3. 肥満で悪化? 

  4. ワクチン、どうして良いか判りません。

  5. 楽天の PCR

  6. これが大変でしたね。

  7. 小児科が消える? 

  8. もうありません。

  9. 小児科の患者さんが減った理由

  10. これを控えていますか?

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る