院長ブログBLOG

今年も終わりですね。

DSCF0468

昨日、30日の午前中で今年の仕事を終えました。これは、昨日の朝の写真です。 仕事が終わった後ではありません。これからという時の写真です。

実はこれを載せようとして四苦八苦、かなりの時間を費やしたのですが、どうしても上手くいかず、以前はちゃんとできたのにとガックリ来ていたのですが、真相はディスクがしっかり入っていなかったという単純な物でした。 若い頃、患者さんの麻酔が覚めなくて、酸素を送っても送っても麻酔状態、ヨーク調べたら酸素のテューブを他のチューブと間違えて繋いだ単純なミスだった、という話を聞き、最初からしっかり確認するよう叩き込まれたはずなのに。  何という事でしょう。進歩が無いわね。

さーて、何を言いたかったかと言うと、周りの先生方、他の科の先生方は早くから休診にしていらっしゃって、だんだん、シャッターが閉まっている処が多くなり、遂に私の所だけになってしまいました。朝、出勤して来ても暗く寂しい感じです。 私と共に働いてくれてる方達も家庭があるのに、良く付いて来てくれました。 ありがとう。私もだんだん歳を取って、以前よりくたびれて来ました。 こうなると、ちょっと意地でやってるみたいなところもありますね。

実は、私は、国立大学の出身です。 入学金と授業料でぜーんぶで、82000円で医師になりました。(かなり前ですけど)親孝行と言われましたが、当時はどこでも国立大学は1か月1000円という授業料でした。当時でも幼稚園より安かったんですよ。

入学式での学長の言葉は今でも忘れません。 「諸君には、1年間の教育に100万円の税金を使うが授業料は幼稚園より安い! 医師になったら絶対にやめるんじゃない。 特に女の学生! 辞めるんなら今直ぐやめなさい!そうしたら落ちた次の点数の人が入学できる。」と語気荒く言われたのです。 今だったらセクハラにかしらね。 当時の私達女性、総勢6人でしたが、他の豪傑はイザ知らず、少なくとも私はビックリして、大変だと思いました。 そして、学長は、その後、社会に貢献するように、と言われたのです。 貢献出来ているかは、判りませんが、勘違いしやすい職業ですので、気を付けるようにはしています。まあ、そんなこんなで遅くまでやってみたりもしてるんですけど、疲れてきて何時まで続くか判らなくなってきました。来年は遅くまでは出来そうもない気分になって今年も終わりです。

来年も仕事がキチンとできますように! 皆さまに良い歳になりますように!

  1. コロナの抗体

  2. 子供の気持ち

  3. 度々済みませんが、、、

  4. 似ているから困る。

  5. 肥満で悪化? 

  6. ワクチン、どうして良いか判りません。

  7. 楽天の PCR

  8. これが大変でしたね。

  9. 小児科が消える? 

  10. もうありません。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る