院長ブログBLOG

落ち着かなくてすみませんね。

今日は、午前中、古川教授のご診察でしたが、私の大学時代の同級生が学会で近くにきたので会って、お昼でも一緒にという事になりました。 その人が、カバンを忘れたりしたので午後の診療に間に合わないかと心配し、午後は少し遅れると ウエブ予約に入れましたが、なんとか間に合いました。遠くの病院に勤務している人なので、生きて会えるのはこれが最後かも知れないね、と言い合いましたが、元気で働けているのは結構な事だと思います。

この処、落ち着かなくてすみません。 明日は、札幌に行きますし、なんとなくせわしない気持ちですが、来週からは、本腰を入れて通常通りに診療します。 明日も遊びに行く訳ではありませんので (遊びに行きたいわ) 行って、帰って来るだけで何処にも行かないんですよ。札幌と言えば、思い浮かぶのはラーメン位ですね。後は時計台と白いチョコレートでしょうか。どれももう、この歳になると良いかな。

先週の川崎市の子供の病気は相変わらず、感染性胃腸炎、 溶連菌、 インフルエンザ ですが、オタフクが少し流行っていますね。 上位3つには入りませんが、いつもより少し多いです。 但し、このオタフクというのは、漠然とした処もあり、ハッキリと耳下腺という処が腫れてくれれば判りやすいので助かりますが、片側だけとか、顎下腺という耳下腺の兄弟分の処だけがイヤに目立って腫れたりとか、変則的な場合もありますので要注意です。 最初、片側から腫れて、顔の輪郭が左右、違って見えますよ。その内、反対側が腫れ、こうなるとほぼ確実にオタフクと言えますが、中には腫れが少なくて判らず、罹ったか判らないようなケースもあります。確かめたい場合は、オタフクの免疫が有るか無いか、血液を取って調べますが、少し血液を取るだけですから、大丈夫ですよ。結果は4-5日で出ると思います。

  1. やはり牛肉はダメ?

  2. 飲食できるらしい。

  3. このパン良いと思いますけどね。

  4. このパンで窒息?

  5. 運動するのが大変

  6. じゃあどうしたら良いの? 

  7. 家の中には抗原が一杯

  8. 今週は大忙し

  9. 溶連菌

  10. 又、減ったね。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る