院長ブログBLOG

先週の病気

川崎市の子供に多かった先週の病気は、感染性胃腸炎、 A群溶連菌感染症、 流行性角結膜炎 でした。 この第3位の物は、アデノウィルスの感染で起こります。 酷くなければ心配無いのですが、重症の場合は眼科の指示に従って下さいね。 涙やメヤニに沢山のウィルスがいますので、タオルの使用に気をつけてね。

これからは、手足口病 や ヘルパンギーナ という夏に流行るウィルスが多くなります。手足口病は、熱もさほど高くならないし、基本的には軽症なんですけど口の中の水泡様の発疹が痛いので、飲んだり食べたり出来なくなるのが問題ですね。 小さいお子さんですと、脱水に注意する必要があります。 脱水のサインはまず第一に尿が減る事で、尿の色が濃くなったりしますよ。朝の尿の色が濃いでしょう? あれと同じです。

ヘルパンギーナは、結構高熱が出ますので心配する方が多いですね。 こちらは、喉に水泡を伴った発疹が出るので、喉の痛みが強いです。 少し重症感がありますね。しかし、基本的にはウィルス感染と判っていますし、全身状態の悪いお子さん以外は、問題無く治って行きます。こちらも脱水に注意ですね。 なにしろ子供は水分が多く必要ですから、飲む量が減ると影響甚大なんです。 いつも、脱水に気を付けていて下さいね。

これらの原因ウィルスは コクサッキー、エンテロ 等いろいろなので、何回か罹るお子さんもいます。保育園に通っていると要注意なんですけど、そうかと言ってずっとお休みをしてる訳にもいきませんので困りますね。まあ、ある程度はお互い様でしょうね。子供を持つと、子供がいない時のようには参りませんので、仕方がありません。 誰かがお子さんのお世話をしなければなりませんので、そう思っていて下さいね。

  1. 肥満で悪化? 

  2. ワクチン、どうして良いか判りません。

  3. 楽天の PCR

  4. これが大変でしたね。

  5. 小児科が消える? 

  6. もうありません。

  7. 小児科の患者さんが減った理由

  8. これを控えていますか?

  9. あああ、小児科って、、、

  10. 小児科ピンチ

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る