院長ブログBLOG

女王様方

先日、新宿であった小児神経学会と言う物に行きました。 私はその学会に入っていないんですが、知っている先生に札幌でお会いし、会長をすると言われたので敬意を表して行ってみたのです。 京王プラザでありましたので、会場を借りるのにお金が掛かったわねー、と思いました。 だって、昔、私の居た医局で日本小児科学会という一番大きな小児科の学会を同じ場所でやった時、3000万かかったんですよ。かなり前の話だから、今ではかなりではないかしらね。

学会は、小児科全般に渡る物、日本小児科学会以外に各分野の物、神経、内分泌、 消化器、アレルギー、皮膚、保健 等々に分かれている物があるんです。 日本小児科学会の下に各分野の物がくっついていると思って下さい。私が入っているのは、小児アレルギー、小児皮膚科、小児耳鼻科 等です。だって結構お金が高いんですよ。 全部入ったら大変です。 又、会場に入るのにも結構お金が掛かるんですよ。 若い頃、お金を払わずにこっそり入った事もありました。 (ナイショ)

今回困ったのは、学会に入っていないのでプログラムを送って来て貰えなくて、何処で何があるか判らない事でした。同時進行でいろんな物があるので、何処に行って良いか判らないのです。 やっと、総合受付で聞いて行きました。 偉い女性の教授達のお話しで 「次世代の小児神経科医を育む為に~女性の立場から~」 という処に行きたかったのです。 今や、医学部の学生の半分近くが女性ですし、大きな病院の上の先生方も女性医師の為にやりくり(当直、産休、育休)で苦労なさっているので、このようなセッションも出てきたのでしょう。 又、女子医大という学校があり、創設者は私の故郷の出身ですが、そこでは神経分野の研究が盛んですのでこの会の大勢入っているのかも知れませんね。 このセッションでお話しされた先生方は、各大学の教授とか偉い先生ばかりで、「女王様」と尊敬を込めて言われているんです。長くなりましたので、この続きは又、次回に、、、。

  1. じゃあどうしたら良いの? 

  2. 家の中には抗原が一杯

  3. 今週は大忙し

  4. 溶連菌

  5. 又、減ったね。

  6. コロナの後遺症

  7. 子供の自殺

  8. もう遅いような気がしますが

  9. 子供にも打つのかねー。

  10. 前から思ってたんだけど、、、

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る