院長ブログBLOG

先週の病気

川崎市の子供の先週の病気は、多い順に1. 感染性胃腸炎  2. ヘルパンギーナ 3.溶連菌  でした。 やはりここにも ヘルパンギーナが出て来ましたね。 先週、急に増えたとの事です。 例年7月に流行りますね。

ヘルパンギーナ とは、主にコクサッキーというウィルスの感染で起こるのですが、熱が出て、喉が痛くなるのが特徴です。喉に口内炎が出来るから痛いのですが、小さいお子さんだとヨダレを垂らしたりもしますね。 少し大きいお子さんだと、お腹が空いて冷蔵庫を開け、中の物を食べて、喉が痛いので、ワーっと泣く、という形も見られます。 そうすると親御さんとしては、可哀そうで見ていられない気持ちになるのですが、喉に口内炎の薬を塗ると嘔吐の反射が起きますので、無理なんです。 数日の辛抱ですからね。 喉が痛くならないような物を食べて下さい。 優しい薄甘いような物が良いですね。酸っぱい物は無理です。

このウィルスの感染は、飛沫、つまり唾液が飛んだり、付いたりしてそれが口から入って起こる、とされています。 又、糞口感染 と言ってウンチの中のウィルスがが口から入って起こる場合もあると書いてあります。これはウンチと思うと有り得ないと感じるでしょうが、微量で手に付いていても目に見える訳ではありませんので知らずに入ってしまうんです。オムツの始末に気を付けて、その後、手を良く洗って下さいね。 タマにお子さんの喉の菌を培養してみると、大腸菌というウンチの中にいる菌が出る場合があります。お子さんの手も良く洗って下さいね。

只今、午前4時半 という妙な時間です。 実は、全英オープンというゴルフの試合を見ていたので、こんな事になってしまいました。全然関係無いのに何と無く見ていたら止まらなくなってしまいました。 連休前だというのにこんな事してる場合ではありませんでしたね。今日の仕事に差しさわりがあったらどうしよう。

  1. コロナの抗体

  2. 子供の気持ち

  3. 度々済みませんが、、、

  4. 似ているから困る。

  5. 肥満で悪化? 

  6. ワクチン、どうして良いか判りません。

  7. 楽天の PCR

  8. これが大変でしたね。

  9. 小児科が消える? 

  10. もうありません。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る