院長ブログBLOG

先週の病気

ちょっとさぼっていたら先々週 のデータになってしまいました。 先々週の川崎市のお子さんに多かった病気は、1.感染性胃腸炎 2.ヘルパンギーナ 3.流行性角結膜炎 でした。 今年は、典型的な ヘルパンギーナ は比較的少なかったと思います。 手足口病 も少なかったですね。 どうしてか判りませんが、だんだん病気も変わっていくんだと思います。

感染性胃腸炎は、いつも変わらぬ主役ですが、昨日の土曜日も患者さんがかなりみえました。 遅い時間に来院されると、尿での脱水の度合いの検査に手間取るし、土曜日なので時間制限があってこちらも心配で困る事が多いです。 子供は、「尿を取って検査をします。」と言っても、直ぐ取れるとは限りません。 4歳位のお子さんでも、さあ、尿検査、と言うと緊張して出なくなる事が多いですね。 それに加えて脱水で尿量が減るし、直ぐ治療しても効果が見極められないので、心配です。私の処は、ケイタイから予約するシステムを導入しましたが、とても具合が悪いお子さんは、電話して下さいね。 予約の枠とは別に診察します。 嘔吐しているお子さんは、院内で吐き気止めを使って、効果を見てからその後の方針を決めたいと思っています。

  1. 小児科が消える? 

  2. もうありません。

  3. 小児科の患者さんが減った理由

  4. これを控えていますか?

  5. あああ、小児科って、、、

  6. 小児科ピンチ

  7. 未だありました。

  8. 後少し

  9. 味噌だれ

  10. 脳カツ

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る