院長ブログBLOG

RS 多いですね。

今年はどういう訳か RS ウィルス が多いです。 例年は初秋から流行るのですが、今年は7月からみられました。 8月になってかなり認められ、9月は多発しています。過去10年で最も多いとの事です。2歳までに全員が感染するような極ありふれたウィルスなんですけど、赤ちゃんに感染すると気管支炎になるので、注意が必要です。6か月以下、特に3-4か月より小さな赤ちゃんでは、重くなる事もありますので気を付けて下さいね。 今年、生後1か月の赤ちゃんの RS 感染のお子さんも診ました。兄弟からの感染ですから、不可抗力と思いますが、小さいので心配です。1歳代でも、気管支炎になるお子さんはかなりみられますが、重症でなければ対症療法で治りますし、2歳位からは、鼻かぜ的な症状で問題はありません。 1歳までは、要注意という処でしょうか。単に鼻水が出る、と言ってもいろいろあるのですが、鼻が垂れるから保育園を休むというのも非現的ですから、赤ちゃんに近寄らない、ヨダレが付いたようなおもちゃは共有しない、鼻水は良く拭く、という辺りが現実的な対応かと思います。

  1. 文章です

  2. マタマタ長い写真で小さくできないワ

  3. 溺れないで

  4. 仕事着

  5. 働く母親

  6. 手足口病

  7. 手足口病

  8. ヒポクラティス

  9. 小児科の危機

  10. 溶連菌

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る