院長ブログBLOG

感染性胃腸炎

この感染性胃腸炎という名前もかなり広まってきましたね。 以前は、ノロと言う名前ばかりが有名になって、他のウィルスは影が薄く、直ぐ 「ノロですか?」 と聞かれたのですが、厚労省が決めた正式な名前は ”感染性胃腸炎” です。 その原因ウィルスがノロの場合は、ノロウィルスに依る ”感染性胃腸炎” です。 他のウィルスも結構いますよ。

これを ”お腹の風邪です” と表現している処もあるようですね。 判りやすく素人向けに言っているのでしょうが、症状やウィルスの種類が違うので、やはり 感染性胃腸炎 と言うのが正しいと思います。表現方法が異なりますが、”お腹の風邪” と言っている場合は、 ”お腹が風邪をひいたような物” と言いたいのかと思います。これは、病名ではありませんね。

それから、原因ウィルスを調べて欲しい、という方が時々見えますね。飲食関係のお仕事でしたら仕方無いと思いますが、保険は効きませんの自費で払わねばならないんですよ。さほど高くは無いと思いますが、大変ですね。しかもかなりお休みしなければなりません。 この病気も程度は様々で、大の大人でもゲッソリする程の方、点滴が必要なお子さんから、一回吐いた位でケロッと治る方までいろいろです。酷い方は2-3K痩せてしまいますよ。治るまで、平均3-4日かかります。

  1. ワクチン、どうして良いか判りません。

  2. 楽天の PCR

  3. これが大変でしたね。

  4. 小児科が消える? 

  5. もうありません。

  6. 小児科の患者さんが減った理由

  7. これを控えていますか?

  8. あああ、小児科って、、、

  9. 小児科ピンチ

  10. 未だありました。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る