院長ブログBLOG

抱っこの仕方

DSCF0566DSCF0567

診察の時、3歳以下のお子さんは、抱っこして頂きますが、 その折、左の写真のように胸を隠してしまうと、診察できません。 小さい胸ですから、これでは、あらかた隠れてしまって、大部分がママの手の下です。お子さんがイヤがっていると、必死に抱きしめるのも判りますが、これでは診察不可能です。 短時間ですから、「大丈夫よ」とか 「モシモシよ」とか「痛くないよ」とか声を掛けてあげて下さい。 そして、右の写真のようにダッコすると、お子さんの胸が出て、診察できます。 この写真は、元従業員の方のお子さんで、たまたま来たのでお願いして撮らせてもらいました。お子さんの小さな手がカワイイですね。

今朝、ここに写真が載っていない、と言われて焦ってしまいましたが、どうやら、載せる事が出来て良かったわ。 不思議な事にパソコンがウイーウイーと音を立てて、勝手に何かやっていたんです。私には意味不明で困りました。 仕事を辞めたらパソコン教室に行こうと思っているんですが、中高年で、やたらとパソコンに詳しくて、偉そう風な人を時々見掛けるので、えばられたらイヤだな、と思っていますけどね。 私の知っている人で、ケイタイを上手く使えなくて、かかってきた時だけ出る、という人もいますよ。

  1. 有効な薬

  2. 有効な運動

  3. 高齢者の次は?

  4. 心配の種は尽きません。

  5. ちょっと待って下さいね。

  6. これ、貸してもらいました。

  7. 若い人に多いそうですが、

  8. 見られちゃった!

  9. 子供も働いて、、、

  10. みんな疲れ気味です。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る