院長ブログBLOG

インフルエンザ 増えました。

先週は少なかったインフルエンザが、月曜日から急に増えて、と言うか、週末から発熱した方が増え、救急を受診する方も増えたとの事です。 かなりの方がインフルエンザでした。 パッと流行が拡大しましたね。 検査をする方も増えました。 さて、これが陰性の場合、問題です。 陰性です、と言うと「あー、良かった!」 と言う方が多いのですが、これはインフルエンザでは無い、という意味ではありませんので、ご注意下さい。 不明という意味なんです。インフルエンザの方に検査をすれば100%陽性になるのではありませんし、陽性になる条件を満たしていないだけかも知れませんので、陰性だったからと言って、インフルエンザでは無いと保証する訳ではないんですよ。 条件が悪い場合は、条件が整ったら再検査をする場合もあり、熱の形を見て又検査するかどうか決める場合もありますので気を付けて下さいね。 以前は、保健では1回しか認められなかったのですが、翌日なら又検査出来るようになりました。 助かります。

それから、登校が OK になるのは、発熱から最低でも6日、解熱した日を入れると3日経ってから、幼児は4日たってからです。 (解熱した日を0とすると各々2日、3日経ってからです。) 残念ながら少々長くなってしまいますね。以前より1日多くなりましたが、この決定は数年前からですよ。

  1. やはり全然ダメでした。

  2. 沢山来ましたが、、、

  3. 子供と若者

  4. 未だ少し有ります。

  5. インフル並みになる?

  6. 人間が必要ですが、、、

  7. もう無い!

  8. 自己責任か?

  9. 来たけど、、、

  10. お子さんが検査する場合

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る