院長ブログBLOG

流行の病気

川崎市の子供の病気は、1.インフルエンザ 2.感染性胃腸炎 3.流行性角結膜炎 です。 やはりインフルエンザが第1位ですね。 今、流行の始まり、急速な右方上がりのカーブの最初の部分です。 カーブが立ち上がって来て少し経った辺りとでも言いましょうか。 これから本格的な流行時期ですので気を付けて下さい。 冬は、どうしてもインフルエンザで大騒ぎになってしまいますね。 6日間学校を休むのは大変かも知れませんし、親御さんも仕事を6日も休むのは無理でしょう。 ここで、お爺ちゃん、お婆ちゃんの出番ですが、遠くに居る方は助けて貰えないかも知れませんね。 近くにいるお婆ちゃん程助かるものは無い、というのが、私の感想なんですけどどうでしょうか? 昔から、”婆さんにすたれ者無し” と言って、婆さんはいくつになっても役に立つと言われてきました。 私も母に助けてもらいましたし、母が居たから仕事が出来ました。そして、その後、私が母を助けました。人生はこのように、巡って行くのだと思います。

  1. 子供の気持ち

  2. 度々済みませんが、、、

  3. 似ているから困る。

  4. 肥満で悪化? 

  5. ワクチン、どうして良いか判りません。

  6. 楽天の PCR

  7. これが大変でしたね。

  8. 小児科が消える? 

  9. もうありません。

  10. 小児科の患者さんが減った理由

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る