院長ブログBLOG

インフルエンザ、殆ど終わり

今年の流行も終わりに近いですね。 あまり大きな流行は無くなりました。1か月間程度、流行が続く事が多かったのですが、最近は短くなって、最盛期は1-2週間程度で終わります。 急速に患者さんが増えて、あっと言う間に終わりという感じですね。 小さなクラス単位では流行っていますが、大した事はありません。インフルエンザの治療も随分変わりました。タミフルという画期的な薬が出てから、インフルエンザに感染してもこの手の薬を使わないで、安静と解熱剤のみで治るまで行く、という親御さんは殆どいません。大部分の方が治療をして、以前より早く治るので、ウィルスを排泄する期間も短くなったのだと思います。 毎年、小児科はインフルエンザで大騒ぎになるのですが、もうこういう事も終わりでしょうかね。 新型とか、他の新種のウィルスが出なければ良いですね。

  1. ウズラの卵

  2. カスハラ防止

  3. 死を疑似体験だって

  4. コロナ後遺症

  5. 何故?何故?

  6. 又薬が無い!

  7. マダマダです

  8. 教育熱心

  9. 失敗の教訓

  10. 古いゴム版で失敗

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る