院長ブログBLOG

子供のピロリ菌 その1

日曜日に行った会は、とても有意義で嬉しかったです。 最初の講演は、私の後輩の偉い先生でした。 話も上手で判り易く楽しかったです。中には、ブツブツ言って聞きずらく、判りにくい先生もいるので、こういう事があると嬉しいですね。だって折角の日曜日を潰して行くんだものね。 有意義でないと残念な気持ちになります。

さて、そのお話しの内容は、「子供のピロリ菌感染について」 でした。 ピロリ菌って知ってますよね? これが、日本人に多い胃癌の原因だと見つけた先生は、ノーベル賞を貰ったと思います。さてこの菌は、土や水の中に住んでいるのですが、世界中どこにでもいます。しかし、他の国の人は胃癌がさほど多く無いのはどうしてでしょう? それは、日本や韓国という地域の菌が毒性が強く、胃の中に感染すると胃癌の原因となるからなんです。

昔、井戸水を飲んで育った世代、 今の40歳以上、特に水道が無かった田舎で育った人達に多いという事ですのでご注意下さいね。 山に行って、沢の水を飲んだりしてはダメですよ。心配な方は、一回、ピロリの検査をした方が良いかと思います。血液や尿でも検査できます。 もしいたら、除菌をすると良いですよ。抗生剤を飲むだけです。 胃癌の危険性は3分の1になります。(0では無い事にご注意下さい) 昔、胃癌が多かったので、胃癌の手術の専門の外科の先生は大勢いたのですが、今は仕事が少なくなった、という事です。 良い事ですね。

 

  1. 値上げ? 

  2. 詐欺だと思いますが、、、 

  3. 詐欺メールばかり

  4. 薬が無いんですが

  5. 保育士が園児に、、、

  6. 溶連菌

  7. 落とし物

  8. 牛乳について、間違いでした

  9. お産が保険で、、、

  10. 糖尿病になりそう

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る