院長ブログBLOG

小児の歯の矯正

乳歯の場合、歯並びが悪くても矯正の必要は無いという事でした。

反対咬合という下アゴの形から、下の歯が前に出ている場合は、介入しないで治る率も高いので10歳位まで待って良いとのお話しでした。このように自然に治る可能性のある物は、この反対咬合と指しゃぶり、オシャブリによる場合だそうです。 下のアゴが横にずれてしまっている場合は、早くから矯正した方が良い結果だそうです。 いろんな場合があるんですね。 心配な場合は、一度矯正歯科とか小児歯科を受診すると良いと思いますよ。

  1. 度々済みませんが、、、

  2. 似ているから困る。

  3. 肥満で悪化? 

  4. ワクチン、どうして良いか判りません。

  5. 楽天の PCR

  6. これが大変でしたね。

  7. 小児科が消える? 

  8. もうありません。

  9. 小児科の患者さんが減った理由

  10. これを控えていますか?

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る