院長ブログBLOG

小児の歯の矯正

乳歯の場合、歯並びが悪くても矯正の必要は無いという事でした。

反対咬合という下アゴの形から、下の歯が前に出ている場合は、介入しないで治る率も高いので10歳位まで待って良いとのお話しでした。このように自然に治る可能性のある物は、この反対咬合と指しゃぶり、オシャブリによる場合だそうです。 下のアゴが横にずれてしまっている場合は、早くから矯正した方が良い結果だそうです。 いろんな場合があるんですね。 心配な場合は、一度矯正歯科とか小児歯科を受診すると良いと思いますよ。

  1. 要らぬ心配でしょうか?

  2. ウズラの卵

  3. カスハラ防止

  4. 死を疑似体験だって

  5. コロナ後遺症

  6. 何故?何故?

  7. 又薬が無い!

  8. マダマダです

  9. 教育熱心

  10. 失敗の教訓

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る