院長ブログBLOG

先週の病気

先週の川崎市の子供の病気は、 感染性胃腸炎、 A群溶連菌感染症 流行性角結膜炎 でその前と変わりません。でも、 A群溶連 が増えていると感じます。 これは細菌感染ですから、学校、幼稚園等で感染が広がりますが、子供が孤立しているのも無理ですし、ある程度は仕方がありませんね。 防御は、ウガイと手洗いですが、そうしょっちゅうもしていられませんので限度がありますね。 なるべくして下さいとしか言えません。 可哀そうに何回も感染を繰り返すお子さんも居て、扁桃腺が肥大していたり、喉の防御力が弱いお子さんもいます。

私は子供の頃、兄から感染して、腎炎になったのでコリゴリですが、現在は、直ぐ見つけて治療するようになり、腎炎になるケースは激減しました。 私が若い頃は、何処の病院でも腎炎のお子さんが必ず入院していて、特効薬も無く、腎臓に負担が掛からないような食事をしながら、安静にする位の方法しかなく、何か月も入院していたので、本当に可哀そうでした。 皆さん、感染しなと良いですね。感染してしまったら、早期発見、早期治療です。

  1. 外人に髪について

  2. この人がカッサンドラらしい。

  3. 変異株の名前

  4. コロナで孤児になったお子さん

  5. アフリカで多い理由?

  6. ここを知りたい

  7. 感染が確認された国は、、、、

  8. 危険な変異種

  9. ワクチンは、

  10. 中学生の女子へ

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る