院長ブログBLOG

RS ウィルス 多いです。

この処、RS ウィルス の感染のお子さんが多いですね。 例年と比べとても多いと感じます。 保育園で流行すると、乳児室で広がるのでしょう。 実は RS って以前は鼻風邪ウィルスなんて呼ばれていたんですよ。 全然、怖がられていなかったんです。 今でも2歳以上だと殆ど平気なんですが、問題は1歳以下、特に小さければ小さい程、気管支炎、肺炎となる可能性が高いので心配ですね。 でも、鼻が垂れているお子さんなんてザラですし、鼻が垂れているからって保育園を休んではいられませんよね。 そこで、お子さんの年齢や何か基礎にお病気があるかどうか、 という条件が重要なポイントです。2歳以上のお子さんは過度の心配は要りませんのでご安心下さい。

  1. 要らぬ心配でしょうか?

  2. ウズラの卵

  3. カスハラ防止

  4. 死を疑似体験だって

  5. コロナ後遺症

  6. 何故?何故?

  7. 又薬が無い!

  8. マダマダです

  9. 教育熱心

  10. 失敗の教訓

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る