院長ブログBLOG

子育て

最近、子育てに悩んでいる、子育てが上手く行っていないと感じている方が多いように思います。そん偉そうな事言って、と笑うかも知れませんが、多少の経験と学習の結果、先輩小児科医 (偉い先生ですよ)の本に書いてある事を書いてみますね。

”前向き子育て” と言うんだそうです。 1.安全に遊べる環境 2.積極的に学べる環境 3.一貫した判り易いしつけ 4.適切な期待感を持つ 5.親としての自分を大切にする。 こういった事がポイントだそうです。

そして、子供との建設的な関係を作る為には、1.子供と良質な時間を過ごす 2.子供と話す3.愛情を表現する  こういった事が重要だそうです。  つまり、一緒に居て、愛情をもって接する、という事でしょうか。 私は仕事ばかりしていて子供と一緒にいてやれなかったのが本当に心残りです。1番最初に、子供と一緒に良い時間を過ごす、となっているのにね。我が子に幸せな子供時代を過ごさせてやれなかった事を死ぬまで後悔すると思います。時間は逆戻りしませんので、ママやパパの皆さん、お子さんと一緒に居て下さいね。(ここ以前書いた物とダブっているので、以前の物を消しました。) 時間やエネルギーを子供に使わなければならないのですが、幼いのですから、当然、庇護して、愛して、教え導く事が必要でしょうか。 私は、母が居てくれたので、働いて来られました。親族の女性の援助は本当に助かります。しかし、今思うと、母を過信してましたね。祖母が本物の母親の替わりになるのには限界がありすので、気を付けなければなりませんでしたね。

外国映画だと、良く、親も子供も互いに 「愛してる」 なんて言いますけど、日本ではなかなか言いませんね。 私の子供が小さい時、「I love you.」 と言ったら、私に「アイ ダブ ユー」 と言いました。 こういう思い出が沢山出来ると良いですね。

  1. コロナの抗体

  2. 子供の気持ち

  3. 度々済みませんが、、、

  4. 似ているから困る。

  5. 肥満で悪化? 

  6. ワクチン、どうして良いか判りません。

  7. 楽天の PCR

  8. これが大変でしたね。

  9. 小児科が消える? 

  10. もうありません。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る