院長ブログBLOG

麻疹 対 インフル

この処、インフルの話題ばかりですが、どうしても小児科はインフルが流行りますので、時期的にそうなってしまいますね。さて、小児科で最も注意すべき病気、その中でも人から人へと感染する怖い物は、麻疹です。 この感染力は強力で、1人から何と10から20人に感染すると言われています。 それに対して、インフルは1人から2ー3人程度の感染力ですよ。 いかに麻疹が強力か判りますね。2016年、 空港で感染した方がいた後、広がって165人の患者さんが出ました。江戸時代には、家の前の道路を、麻疹の人が通っただけで感染すると考えられていたんですよ。

何とモンゴルでは、2015ー16年に、 24000人もの麻疹の患者さんが出て、105人が亡くなったそうです。亡くなった人の80%は、未だワクチンを打っていない赤ちゃんだったそうで可哀な事でした。

  1. 子供の気持ち

  2. 度々済みませんが、、、

  3. 似ているから困る。

  4. 肥満で悪化? 

  5. ワクチン、どうして良いか判りません。

  6. 楽天の PCR

  7. これが大変でしたね。

  8. 小児科が消える? 

  9. もうありません。

  10. 小児科の患者さんが減った理由

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る