院長ブログBLOG

昨日は、成育へ。

昨日の土曜日、日本で一番大きい小児病院、”成育医療センタ”ーへ、行って来ました。 ここは、有名な病院です。 研究会があるので、時々行きますが、 私の所からは近いので、患者さんをお願いしたりもしますね。

なにしろ日本一ですから、すごい設備です。 今、来て下さっている、古川教授も、国立大学の小児科教授ですが (現在は名誉教授)、驚いていらっしゃったのですから、そうとうですね。 古川教授と、成育の一番偉い先生は、親しい間柄ですよ。まあ、多額の資金投入も子供を救う為なら良いと思います。遠くの方は、来るのが大変ですから、川崎市多摩区は近い方でありがたいのですが、ふつうの病院とはレベルが違いますので、やたらと行くような所ではありません。診察を申し込んで、診てもらうまで、かなりかかります。( 救急の方は別 )

さて、そんな訳で、昨日のテーマは、小児の腹痛でした。 救急の先生、小児消化器の先生、小児消化器外科の先生、画像診断 ( 超音波 とか CT とか  MRI の事 )の先生 等で、大変興味深かったです。

結論は、”子供は難しい” と言うことですね。 何しろ 「お腹が痛い」 と言っても本当に痛いのかが判りません。 お腹のどの辺がどういう風に痛いのか、全く不明です。 「お腹、痛い?」 と聞くと、 「イタイ」 と答えます。 「頭痛い?」 と聞くと、「アタマ、 イタイ」 と答えます。 しかも、お腹の診察をしようとすると、大泣きするので出来ないし、ここが、小児科の難しい所です。 他の科の先生の中には、子供は泣いて訳が判らないからイヤ、と言う方もいますね。 そういう方だから、小児科を選ばなかったのでしょう。 こちらは、毎日、朝から晩まで、泣いても平気です。かわいいもんですよ。 お子さんの、泣いている顔も是非写真に撮っておく事をお勧めします。 いい記念になります。 笑っているばかりでなく、泣いている顔もかわいいもので、わが子ならなおさらカワイイですよ。

 

  1. コロナの抗体

  2. 子供の気持ち

  3. 度々済みませんが、、、

  4. 似ているから困る。

  5. 肥満で悪化? 

  6. ワクチン、どうして良いか判りません。

  7. 楽天の PCR

  8. これが大変でしたね。

  9. 小児科が消える? 

  10. もうありません。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る