院長ブログBLOG

海馬の尻尾、偏桃体

DSCF0131

これは、以前私が紹介した、怖くて悲しい本の題名の「海馬の尻尾」 と表現されていた部位、”偏桃体”と言われている処です。アーモンド形と言われています。 ここの機能がおかしくなると人間としての感情が壊れる、と言いますか、人間らしさが失われるようですが、まだまだ本当の処、どこがどうなるとその結果どうなるか、という事は判らないようです。偏桃体だけでなく、前頭葉という場所も人間性には大切ですし、脳はまだまだ未知の分野ですが、徐々に研究が進んでいますね。 いろんな要素で、人間らしさが失われたとしても、何とかして、元に戻るようにできたら嬉しいですね。少なくとも、子供の頃の酷い環境や、育て方で、脳のこういう場所に問題が起き、人間としておかしくなるのは避けなければなりませんし、また、万一、そうなった場合でも治療できるようになりたいです。小児科医としては、そんなスポイルされたお子さんや、酷い環境にする周りの大人を見たら、怒っちゃいます。

  1. 何時まで感染力があるのかしら?

  2. お金持ちの話

  3. 軽いとも限らないそうです。

  4. 電話が凄い

  5. 酷い事件ですね。

  6. 日曜日の午前1時? 

  7. 凄い感染者です。

  8. お子さんに接種しますか?

  9. 長くウィルスが出る? 

  10. 感染力が強いですね。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る