院長ブログBLOG

かわいい話

 

かわいい話                                     2014.4.2

昨日、最後に来た患者さん、かわいい4歳位の女の子でした。もう、終わりなので、私が廊下に出ると、丁度その子が肩からバッグをぶら下げて振り回していました。

「先生、帰るの?」

「そう。先生もお家があって子供も居るのよ。」

「? ? ?」

「子供って言ってももう大人なの。」

「?????」

これは私がヘマでしたね。4歳の子供には意味不明です。 あー、でも、こういう時の子供の不可解っていう不思議そうな顔! なんと面白くかわいいことでしょう。 ヘン! 他の科の人には判るまい って思いますね。外科なんて、”意識のない人を切ってろ” って気になりますね。これはナイショです。外科に怒られる。 こういう事は小さな幸せです。  あ、知ってますか? 幸せは小さなこと、不幸は大きな事って。トルストイだったかしら? もう忘却のかなただわ。

 

 

 

  1. 又、このページがおかしい?

  2. 偉い先生のお話

  3. これになったんだけど

  4. ちょっと嬉しくないですが

  5. 尊敬する忽那先生

  6. 今日から、、、

  7. 10月1日から、、、

  8. 又なくなって来た

  9. どうなりますか

  10. 最高です

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る