院長ブログBLOG

ヘルパンギーナ 多いですね。

DSCF0285DSCF0584

左は、ヘルパンギーナの喉の様子を書いてみたものです。 右側は正常な喉です。ヘルパンギーナのとても良い写真が国立感染症研究所のホームページにありましたが、ここに載せる事ができませんでした。 セキュリティの観点からダメだという事です。 喉に斑点のような物 「紅暈」 が出来て、酷い場合は口内炎の形になり痛くなります。 でも数日の辛抱ですよ。特効薬はありませんので、ちょっとの間我慢ですね。 痛いので、ヨダレをたらしたりしますが、大丈夫ですよ。 これで、脱水が起こる程ではありません。 数日間の高熱とこの喉が特徴です。 但し、喉の様子がこの絵のようにならないと、診断できません。 保育園では、毎週、お子さんの病気を市等に提出しなければならないので、直ぐ 「何でしたか?」 と聞くのですが、証拠がないと病名は付けられませんので、ちょっと待ってね。 どうせ直ぐ判りますよ。

  1. 今年はちょっと様変わりです。

  2. 出た、出た。

  3. 有効な薬

  4. 有効な運動

  5. 高齢者の次は?

  6. 心配の種は尽きません。

  7. ちょっと待って下さいね。

  8. これ、貸してもらいました。

  9. 若い人に多いそうですが、

  10. 見られちゃった!

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る