院長ブログBLOG

女性 Dr

DSCF0289

最近、東京医大が、女性受験生の点数を1割引きにしていたと報道されました。 某私立医大では、女性は、15人しか合格させないと決まっていたそうです。 今でもそうかは、判りませんが、女性は合格して医師として教育しても、どうせ辞めてしまうから、とか、妊娠、出産で戦力にならないから、と言うのが理由です。一方、小学校6年生の女の子の将来なりたい職業、第1位は医師でした。 親御さんの希望、第1位は、ナースです。 理由は判るような気がしますが、ナースは女性の仕事としてはとても良いと思います。 ますます必要とされるでしょうし、結婚、育児で休んでも、復帰できます。 いろんな職場もありますしね。一方、医師はあまりにも厳しく、女性でも覚悟が無いと出来ません。 あらゆる困難を乗り越える必要がありますよ。 当直もありますし、当直翌日も普通に勤務ですし、何日も家に帰れない事なんてザラです。そこで、楽な科、私達の世界で「マイナー」 と言われる科が女性に人気ですが、そのような科では少ない男性に負担が掛かるという説もあり、難しい処ですね。でもどうしても、男性に子供を産む事はできませんので、女性が産まなければなりませんね。 私は、若い頃、男性だったらどんなに良いかしら、と思いました。 子供を産んで育てるのも私、仕事をするのも私、家の中の事をやるのも私、何もかも私、タマラナイ と思いましたね。 男性なんて楽なもんだ、と言うのが私の感想です。(そのくせ、威張るしね.。失礼!) さあ、それでも医師になる覚悟がありますか?  小学生では、まだ判んないよね。

  1. ゲーム中毒

  2. もう一つあったんだった

  3. もう1つ、5歳健診です

  4. 文章です

  5. マタマタ長い写真で小さくできないワ

  6. 溺れないで

  7. 仕事着

  8. 働く母親

  9. 手足口病

  10. 手足口病

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る