院長ブログBLOG

先ほど帰ってきました。

先ほど帰ってきました。                                 2014.4.13

今日は疲れました。 さすがに、朝、8時から夕方までしっかり出席し、その後新幹線で帰って来ましたのでグッタリです。 最新の医学はどうかな?と思ったのですが、割合知っている事が多かったですね。これは変な意味では無く、この学会は臨床的な物で、研究の最先端と言うものではないからです。もう歳をとったので、最先端の研究だったら、理解できないかもしれません。 残念だわ。

医学には、基礎と臨床とあって、基礎というのは、解剖学とか生理学、法医学、細菌学、統計学、公衆衛生学、なんてまだまだいろいろあるんですよ。 これの研究は難しいので、理解は大変です。今の私には全く無理でしょう。

臨床は、外科学、内科学、産婦人科学、小児科学等々、ですが、最近は進歩したので、その中でもいろいろ細かく分かれ、小児科の中でも、小児免疫学、とか、小児救急とか母子保健、とかまああることあること、大変です。一体いくつ学会があることでしょう。私にも判りません。 夏は学会は殆ど無いので、春と秋に多くなります。学会シーズンですね。このようなものの他に、小さな研究会のような物もあり結構忙しいんですよ。私はお酒飲まないのですが、これで男性の先生のように飲み歩いたりしてたらさぞ忙しい事でしょう。

来年の小児科は大阪です。 問題は今まで、金、土、日 の3日間だったのですが、来年初めて、木、金、土 の3日間となるので、出席するのには休診にしなければなりません。 どうしようか今から悩んでいます。

お休みで思い出しました。 今年のゴールデンウィーク、 初めての試みですが、 4月29日、火曜日の祭日は診療します。   5月 1日、2日 3日、 4日 の4日間休診にします。

その代り、5月 5日、6日 は診療します。 この祭日の2日間、診療しますから何かあったら来て下さい。

小児科学会は、いつもゴールデンウィークの前にあるので、この時期にお休みが集中して、多くなってしまうのも問題ですね。 大学病院等は大勢の小児科医がいるから良いのですが 、私の所は、今来て下さっている先生方も行かれますので、出勤は無理ですし、休診にするとそれを知らないで見えた方がどんなにかがっかりするかと思い悩んでしまいます。

ゴールデンウィークのような時は、従業員にも家族がいて予定があるし、お休みにしないとかわいそうですし不満もでてしまいます。 昔のように、休まず働くのが美徳でもなくなりました。お給料はそこそこで良いから、お休みが多く、遊べる方が良いと考える若い人が多いそうです。 それも時代の流れで、あながち悪い事では無いと思いますよ。只々、遊ぶ事だけ考えて暮らすのはどうかと思いますけど。

  1. 度々済みませんが、、、

  2. 似ているから困る。

  3. 肥満で悪化? 

  4. ワクチン、どうして良いか判りません。

  5. 楽天の PCR

  6. これが大変でしたね。

  7. 小児科が消える? 

  8. もうありません。

  9. 小児科の患者さんが減った理由

  10. これを控えていますか?

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る