院長ブログBLOG

今度はこれが足りないって

DSCF0343

これは、B 型肝炎ウィルスのワクチンです。 確実に癌を予防できる唯一のワクチンを言われているんですよ。 B  型肝炎になると、数十年してから、肝硬変、肝癌 になり易いので、このワクチンでウィルス感染を予防するのですが、私のような小児科医でも以前、医師会からやるように言われて接種しました。外科系の医師は、手術する時、感染の機会も多く危険なので、接種した方が良いのですが、私の同級生で、「肝炎なんて外科系だったら勲章だ」なんて言ってる人がいます。 そんな事言っていて癌になったら後悔すると思いますけどねー。 お子さんの場合は、絶対打った方が良いと思いますよ。 現在は無料、つまり税金からお金を出してくれます。 ところが、先日、このワクチンを扱っている処から、足りなくなると言ってきました。 理由は、熊本県に工場があり、震災で工場が壊れた為、新しく建物を建て、製造したのですが、間に合わない、又は、上手く出来なかった? どちらか、忘れてしまいましたが、要するに、上手く間に合うように作れなかったらしいです。さて、困りますが、不足するのは、 小さいお子さん用の 0.25 cc  入りの物だけで、 0.5 ㏄ 入りの大人用はあるので、そこから 0.25 cc 使って  、残りを捨てるんだそうです。 もったいないのですが、仕方がありません。 こういう場合、大は小を兼ねると言うのかしらね。 無駄になってしまうので、早く上手く出来ると良いですね。

  1. 小児科が消える? 

  2. もうありません。

  3. 小児科の患者さんが減った理由

  4. これを控えていますか?

  5. あああ、小児科って、、、

  6. 小児科ピンチ

  7. 未だありました。

  8. 後少し

  9. 味噌だれ

  10. 脳カツ

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る