院長ブログBLOG

これも多いです。

str_image02[1]

これは溶連菌の症状を示していますが、学童等のやや大きめのお子さんに多いですね。 1番左の絵のお子さんはちょっと小さい感じになっていますが、もう少し大きなお子さんが主流です。

写真のような症状より、何と言っても 「喉が痛い」と言うのがトップです、しかし、所謂風邪を引いても喉は痛くなるので、それだけで区別は難しいです。流行状況も参考になりますが、大体いつも判っていますので大丈夫ですよ。写真のような症状が出揃うの2-3日してからです。家族の中での感染も多いですね。いずれにしても「喉がとても痛い」と言ったら要注意ですね。

  1. 子供の気持ち

  2. 度々済みませんが、、、

  3. 似ているから困る。

  4. 肥満で悪化? 

  5. ワクチン、どうして良いか判りません。

  6. 楽天の PCR

  7. これが大変でしたね。

  8. 小児科が消える? 

  9. もうありません。

  10. 小児科の患者さんが減った理由

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る