院長ブログBLOG

今年も終わりですね。

DSCF0559  今年も終わりですね。この処、ウンチの話題ばかりでしたので、目先を変えてみます。 これは小さいお子さんの熱のグラフです。39度以上が3日間続いていますので、ママは心配ですね。 でも お熱が高い割に元気で笑ったりしていましたので、あまり重症では無い感じせした。そこで、ちょっと待ってみましょう、とお話しし、十分待てる状況ですと説明しました。 心配している最中には、これと言った特徴は無く、なかなかハッキリした診断は決める事が出来ないので、ママは心配していましたが、熱が下がったら、発疹が出て、「突発性発疹」というウィルス性の病気と判りました。 やれやれ、一安心、これで決着が付きましたが、心配している高熱の間は、診断が決まらないので、ちょっと気が揉めます。状態から、「突発かも知れませんね」と言う程度です。 不思議な事に、熱が出ている最中は、平気なのに、熱が下がってからは、機嫌が悪くててこずるお子さんが多いです。何処か痛いとか不愉快だとか、聞いても答えられない小さなお子さんが主の病気ですから、不機嫌でもどうして上げれば良いか判らないので、その間、数日ですから辛抱して下さいね。

 

 

 

  1. 子供の気持ち

  2. 度々済みませんが、、、

  3. 似ているから困る。

  4. 肥満で悪化? 

  5. ワクチン、どうして良いか判りません。

  6. 楽天の PCR

  7. これが大変でしたね。

  8. 小児科が消える? 

  9. もうありません。

  10. 小児科の患者さんが減った理由

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る