院長ブログBLOG

暖冬なのにね。

DSCF0637

この方もシモヤケですね。この方は、赤くなって腫れているので、判り易いかと思い、写真を撮らせて貰いました。暖冬でも小さい赤ちゃんにはできますね。 昔は、小学生には多発、中学生にも大人にもできました。 近頃、大きな方にはシモヤケはできませんので、暖冬の影響かと思います。 治療としては、暖かくする事が一番ですので、靴下、手袋等で保温ですけど、赤ちゃんだと煩くて脱いでしまいイタチごっこです。 幸いこの方はお姉ちゃんがいるので、お姉ちゃんにも手伝って貰って、脱いだら履かせる、脱いだら履かせる、そして血行を良くする軟膏を塗って、マッサージ、お風呂の仲でもマッサージをお願いしました。昔は、酷いシモヤケで、組織が崩れたようになってしまう方もいたのですが、今はそういう酷いケースは見ませんね。赤ちゃんの足ってプクプクしていてカワイイですね。見ていても自然にニンマリしてきます。シモヤケは可哀そうですけどね。

  1. 「おまじない」やってます。 

  2. なんて綺麗! 

  3. 今年はちょっと様変わりです。

  4. 出た、出た。

  5. 有効な薬

  6. 有効な運動

  7. 高齢者の次は?

  8. 心配の種は尽きません。

  9. ちょっと待って下さいね。

  10. これ、貸してもらいました。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る