院長ブログBLOG

地球規模で困る!

抗生剤と病気との関係で困るのは、人間のみでなく広く社会全体、いわば地球全体と言われるようになりました。 人間の病気が治らなくなるのは困りますが、今や家畜、ペット、魚等にも抗生剤は使われますので、その体内に抗生剤の効かない菌が残り、ウンチから出て、土、川の水、農作物等に広がり、それが又、他の動物の体内に入り、やがて人間にも入ってきます。このように巡り巡って人、動物、環境と広がって行きますので、人だけ良ければ良いって訳ではなくなりました。地球規模で考えないとダメ時代になったんですね。そこで。私達は、暫く前から不要な抗生剤を出さない方針となり、細菌感染と決まった時、必要な物を必要なだけ処方するようにとなってきました。でも今だに、「抗生剤を出します」と言うと、年配の方は何となく嬉しそうなのは昔の名残かもしれませんね。

 

  1. お父さん役割

  2. これが大事

  3. 子供の目を守る

  4. 人生は梅干しだって

  5. これが厚労省の ページです。

  6. ビックリです。

  7. デマに振り回されないで

  8. ワクチンの反応

  9. 12歳以上になりましたね。

  10. 痛そうですね。

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る