院長ブログBLOG

オマケに私の祖母の話

私の祖母は明治生まれで、何と12人の子供を産みました。 その頃は、富国強兵策で、子共をドンドン産んで育て、兵隊として戦争に送り出そうという訳です。 そこで祖母は、12人産んだので表彰されました。(伝聞) 12人兄弟は、下の方になるにつれて待遇が悪くなりましたが、幸い私の父は一番上の長男だった為、大層大切にされました。私の兄も長男なので大事にされていました。 私は女性だったので、子供の頃、勉強していると怒られました。家事をやるようにと言うんです。とても差がありましたね。 でも、変なのは、お客さんが来た時、祖母は、私の事を「顔はちょっとナンですが、この子はお勉強が良く出来ますから、、、」等と言っていました。 それなのに勉強すると怒られるというのは変ですね。そして、私が高校を卒業した日に、親も来ないのに一人で卒業式に来てくれて、お寿司をご馳走してくれました。それは明治生まれの女性にしては、精一杯のお祝いだったと思います。 もう少し、嬉しそうにして、お礼を言えば良かったと後悔しています。みんなもう遠い思い出になってしまい残念です。本当にこれは取返しが出来ない事だったのだと今でも思い出します。後から、人生には、その時その時でやっておかねばならない事が有り、絶対に取り返せないのだと判りました。今の私は、この祖母にちょっと似た顔になりました。

  1. ダニの掃除

  2. スマホを使う時間

  3. 先週の病気

  4. 睡眠の大切さ

  5. 睡眠不足

  6. 「こども六法」という本

  7. インフルエンザはもうお終い

  8. オマケに私の祖母の話

  9. 赤ちゃんの数が最低 

  10. 百日咳の続き

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る