院長ブログBLOG

こういう事もありますが、、、

写真は、杉の花粉にアレルギーの方の場合ですが、あまり多くないです。殆ど聞いた事ない、という程度で稀ですね。でも、カンバの類やハンノキにアレルギーの方は、バラ科の果物にアレルギーになる事があり、こちらの方が頻度が高く、時折見掛けます。 そして、バラ科の果物って多いんですよ。リンゴ、桃、梨、琵琶、等です。私もそうなので良く判りますが、最初、琵琶を食べて声が出なくなり判明しました。琵琶ってバラ科なんですが、形が似ていないのでバラ科って思いませんでした。苺もバラ科ですが、私は、「とちおとめ」だと喉がイガイガ、唇がピリっとして、小さな水泡が出来たりします。 「あまおう」だと大丈夫で、ちょっと、抗原の含有量が違うかと思っています。あっちがダメならこっちもダメ、となるのを「交差抗原性」が有る、と言います。難しい言葉ですね。

  1. 有効な運動

  2. 高齢者の次は?

  3. 心配の種は尽きません。

  4. ちょっと待って下さいね。

  5. これ、貸してもらいました。

  6. 若い人に多いそうですが、

  7. 見られちゃった!

  8. 子供も働いて、、、

  9. みんな疲れ気味です。

  10. 医療費の無駄

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る