院長ブログBLOG

冷却し過ぎも困るわ。

最近とても暑いので、受診する時、お子さんの背中やダッコ紐との境に保冷剤を入れて来るママがいますが、ちょっと危険ではないでしょうか。お子さんの肌が冷えすぎて青くなったり、刺激で赤くなっている事もあり心配しています。 お子さんは「冷え過ぎだよ」とか、「冷た過ぎるよ」とか文句を言いませんので気を付けて下さいね。暑いけど、コロナで換気しなければならないので冷房は利かないし、困った事が多いですね。このまま暑くなり続けたら、生きて行かれなくなりそうで赤ちゃんが心配ですね。只、こんなに暑くても、赤ちゃんの汗疹は、家庭の冷房のおかげで激減しました。私が子供の頃は、何処のお宅でも赤ちゃんは汗疹だらけ、子供はタライに水をはって、夕方、行水し、天花粉という白い粉を首から脇にはたいて貰って真っ白になったものです。この白い粉は汗疹に効果があると思われていたようですが、実は効果は無く、只、サラサラして肌が気持ち良かっただけだと聞きました。でも、昔は何処のお宅でも使っていましたし、赤ちゃんのお尻にも真っ白にこの粉をはたいていましたね。これはオムツかぶれの予防として使っていたようですがその効果は不明です。

  1. 薬が無いんですが

  2. 保育士が園児に、、、

  3. 溶連菌

  4. 落とし物

  5. 牛乳について、間違いでした

  6. お産が保険で、、、

  7. 糖尿病になりそう

  8. グーグル

  9. 運動会、お願い

  10. 状況に気を配って

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る