院長ブログBLOG

小児科が消える? 

 

さて、コロナで最も患者さんが減った小児科には、支援も無いので消えてしまうか、と言われています。小児科医が街から消えたらどうなるか、考えてみました。 消えるという事は、社会が必要としていない訳ですから仕方無い、と言えますよね。そうしたら、日本の社会に何か影響がありますかね。 私は、不便になるだけだと思いますね。 近くに小児科が無くなりますので、遠くの小児科に行くか、近くの内科に行くか、です。小さいお子さんを連れて遠くの小児科に行くのは大変ですから、昭和時代のように近くの内科に行くようになりますかね。今でも、内科の Dr が小児科も診ている処は多いですね。そして、入院が必要な重症の方は、「基幹病院」 と言う小児科医がしっかり居る病院で入院治療を受けたり、検査を受けたりするようになると思います。令和の現在でも、内科の Dr が小児科も診る事は多いのですが、逆に小児科が内科を診る事は稀ですね。どうしてかしら。やはり小児科って、独立して採算が取れるような科では無いのでしょうかね。

  1. 薬が無いんですが

  2. 保育士が園児に、、、

  3. 溶連菌

  4. 落とし物

  5. 牛乳について、間違いでした

  6. お産が保険で、、、

  7. 糖尿病になりそう

  8. グーグル

  9. 運動会、お願い

  10. 状況に気を配って

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る