院長ブログBLOG

先週の病気

病気の事も書かないとまずいので、今日は病気の話にしますね。

10月6日から12日まで、というと先週なんですが、この間の、子供の病気は、1.感染性胃腸炎、 2.溶連菌感染症、3.ヘルパンギーナ でした。 ヘルパンギーナって夏風邪の一種なんですけど、何だか夏も秋も全部一緒みたいな感じですね。 毎日、暑かったり、寒かったりで、着る物も調節が大変ですし、病気もごちゃまぜでしょうか。

このところ、気温が上がったり下がったりなんですが、赤ちゃんの服装もとてもいろいろで、何枚も着せている方もいるし、凄い薄着にしているママもいますね。どうも、ママやパパが、暑がりだと薄着にする傾向があり、寒がりだと、厚着にしているようです。 それは、一緒に来ている親御さんの服装を見ると良く判ります。 当然と言えば当然なんですけど、この気温で、赤ちゃんに3枚も着せては、芽が出ちゃうヨ、と言いたい時もあり、赤ちゃんが寒そうに青い顔をしていると、かわいそうで、もう1枚着せてネ、と言いたくなります。 赤ちゃんは、自分では言えませんからね。大人は体が大きいし調節機能もあるので、ある程度大丈夫ですが、赤ちゃんは、まだ無理ですから、こまめに親御さんが、調節してあげて下さいね。背中に手を入れてみて、じっとり汗ばんでいるようなら暑いし、顔色が青っぽく、手や足が冷たい時は寒いのですよ。

さて、近頃、私の悩みは、いろいろあるのですが、仕事に関しては、11月8日、9日 の学会に行きたいのですがどうしよう、という所です。これは四日市市であるのですが、11月は、2日、3日 と連休なので、その週にまた休診も困るかと思っています。 でも、とても興味のある演題が並んでいるので、ちょっと悩んでいるのです。やっぱり、休んでばかりは、だめですよね。

まず、面白い事だと思ったのは、昔から、お金持ちの子供にアレルギーが多い、と言われていていたのですが、これは、実際にデータとか理論の裏付けがあったんでは無く、なんとなくそういう感じ、という程度の話でした。 なんとその理論が学会で話があるようなんです。 面白い事だと思いませんか? ” 金持ちケンカせず” では無くて ”金持ちアレルギーになる” とでも申しましょうか。 モチロン、全員がなる訳では無くて、なる率が高い、という意味ですけど、興味深い事だと思います。お金持ちだと、子供の環境も良くて、清潔なんですが、それが過度に清潔だとアレルギーになり易いという説はありましたが、それが理論的に裏付けもされてきているんですね。医学の進歩を感じます。 これは、何も急に判ったのではなく、徐々に解明されてきたんですが、学会でキチンとした話題として出るという事は、それなりに認められてきたという事なんです。

それから、アレルギーマーチ、という考えがあって、それは、昔、私が教えて戴いたお師匠さんの先生が打ち出した概念なんですけど、アレルギーって、楽隊が行進してくるように、ドンドン進行して、最初、アトピー性皮膚炎だった子が、喘息になり、鼻炎になり、と言う具合にアレルギーの病気が進行してくる、って考えなんですけど、この理論も話があるようです。 聞いてみたい気がしますねー。お師匠さんの先生が、お元気だったら、喜んだと思いますが、もう亡くなってしまい残念です。あー、ますます行きたくなってきました。でも無理かなー。悩ましい所です。

 

  1. 度々済みませんが、、、

  2. 似ているから困る。

  3. 肥満で悪化? 

  4. ワクチン、どうして良いか判りません。

  5. 楽天の PCR

  6. これが大変でしたね。

  7. 小児科が消える? 

  8. もうありません。

  9. 小児科の患者さんが減った理由

  10. これを控えていますか?

過去の院長ブログ
ページの先頭へ戻る