院長の一言

2017.6.23

先週の病気

川崎市のお子さんの病気は、 感染性胃腸炎 A群溶連菌感染症 流行性角結膜炎で、その前と変わりませんでした。 流行性角結膜炎は、10年に一度の大流行と言われていますが結構大人の方も罹っていますね。 10歳以下のお子さんと30-39歳の女性が多いと言われていますが、これは、ママが感染したお子さんと接触して移るからでしょうか。昔、プール熱と呼ばれた事もありましたが、プールが悪い訳では無いんですよ。 プールに入った時、タオルを一緒に使って感染が広がったからだそうです。

症状は、目が充血する、メヤニが出る、熱が出る、等ですが、こすらないで下さいね。 こすると目の表面を傷付けやすいです。お子さんだと、気になって無意識でこすったりするんですが、お子さんだけに非難もできません。 こすったら、「止めようね」 と言って、手をそっと抑え、止めさせるようにして下さい。それから、お子さんの場合は、そっとなんていう気配りはできませんので、強くゴシゴシ、グリグリこすったりしてますね。気を付けてあげて下さいね。その手にウィルスが付きますし、涙、唾液、鼻水 等の中にもウィルスがいて感染して行きます。