院長の一言

2019.3.13

ガラスを入れてくれました。

DSCF0702DSCF0703

もうインフルエンザの流行は終わりましたが、小児科はいつも感染力の強い病気が多いので、隔離する必要があるとここで力説していますが、大家さんが「寒いといけない」と言って、道路側にガラスを入れてくれました。 少しでも風よけになればという心使いですね。 それでも寒いのですが、少々辛抱して下さいね。電気ストーブも置いてあります。 今はインフルエンザの方は殆どいませんが、感染し易い病気は小児科の特徴です。立派な待合室があるのに何故入れないのか、と言う方もいますので、判って貰いたいと思います。 それから、電気ストーブが置いてありますが、つけっ放しは止めてね。 資源の無駄ですから。